四季の移ろいと共に…お酒を楽しむ

<本日の駐車場>蒲(がま)

<本日の駐車場>蒲(がま)

がま

◎蒲(がま)とさるすべりの花
当店の駐車場に置いてある水辺系の植物を育てている桶にどかから飛んできたのか「蒲(がま)」が根を張り、りっぱなフランクフルトの様な穂を出しました。

この「蒲」という漢字で何を連想しますか?

「蒲団(ふとん)」・・・「蒲鉾(かまぼこ)」・・・「蒲焼(かばやき)」

蒲(がま)はもう少し経つと、大量の綿毛を放出しますが、この綿毛をかつては寝具の中に入れていたようです。

かまぼこの原型は鉾(武器)の先に蒲のように練った魚を焼いていたものだったようです。現在のちくわのようだったのでしょうか?鉾先で蒲のように焼いていたので「蒲鉾(かまぼこ)」となったみたいです。

うなぎもかつては筒状に焼いていたものが蒲に似ている事からこの名になったようです。

最近はあまり見られなくなった「蒲」。かつては生活に密接に係わっていたのですね。せっかく縁で当店に舞い降りた「蒲」。大切に育ててみようと思います。

コメント



認証コード9073

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional